久しぶりの記事更新です!この前発表されていた
Blade Rondo -Grim Garden-
           の商品情報がAmazonと公式サイトに出ていたので      
NTの様にカードの確認と考察をして行きたいと思います.



 Grim Garden(GG)での新しい要素は”金貨”と”悪魔”だそうです.”悪魔”はNTのドールの様に召喚系のカードだと思います.”金貨”はどのような物かまだ詳しくわかりませんが,集めることで効果が変わるカードがあるようです.

 以下ではカードの考察を行っていきます.NTの時の様にGG単体で遊ぶ時のことを考えていきますが,比較対象として無印版やNTのカードを上げていくこともあります.また新ルール等があれば想像で進めていきます.


GG45
No.45 コスト3 骨響きの鉈 物理 リミテッド無し
物理攻撃
追加:相手は自分の手札1枚を選んで捨て札にする。
 無印版に存在する《意志砕きの鉈》の亜種カード.コストは同じですが,あちらはリミテッドの代わりにある程度捨てさせるカードを選ぶことができ,こちらはリミテッドがない代わりに捨てさせるカードは完全に相手依存です.
 決められたカードで戦うBlade Rondoではハンデスは非常に強いのですが,《意志砕きの鉈》はリミテッドと言う面から構築の自由度が低くなるというのが欠点でした.しかし,このカードは1枚で何度でも仕事ができるため,1度相手に見せると相手は対策を余儀なくされるのでテンポを取りやすいカードだと思います.
 別のハンデスカードとして《嘲笑するピカレスク》もありますが,あちらは攻撃にタイムラグがあり,攻撃力もほぼ固定なためハンデスカードとしては機能しないことが多いです.その点,こちらは1回目が見えていないところから飛んでくることから,奇襲として通しやすいのも強い点だと思います.


GG48
No.48 コスト2 クロウリーシラン 魔法 リミテッド無し
魔法攻撃(1)
錬成:あなたにに以下の効果を付与する。
――――――――――――――――――――
<カラス>:カァ。
――――――――――――――――――――
追加:この攻撃の直後に物理攻撃を行う場合、そのダメージは+1される。
 少しカード効果が分かりづらいですが,このカードは「錬成」の効果と「追加」の効果を持っているのだと思います.
 「錬成」についてですが,カードのコストを支払う前に任意で処理できる効果の事を指します.つまり,このカードを使用する際には任意で<カラス>を自分に付与することができるという事です.<カラス>は効果を持たず,使用用途も今のところ不明ですが,恐らく付与されているカラスの数を参照するカード等が出るのではないかと予想しています.
 「追加」の効果はこのカードのすぐ後に物理攻撃をすればダメージが+1されるというものです.ターンをまたぐと有効かは不明ですが,書き方的にはターンをまたぐと無効になるのではないかと思います.この効果で重要なところは「攻撃力」を+1するのではなく,「ダメージ」を+1するというところにあります.このゲームの物理ダメージは,自分の攻撃力-相手の防御力ですが,その数値が0やマイナスになった場合は0ダメージを与えたものとみなします.このカードの効果はそれに追加してダメージを与えるという形になります.何が言いたいのかと言うと,自分の攻撃力が相手の防御力に足りていなくても物理カードの「追加」を発動することができるという事です.上で紹介した《骨響きの鉈》の様に強力な追加効果を持つ物理カードと組み合わせることで真価が発揮できるカードだと思います.


GG51
No.51 コスト4 満ち溢れるキャロル 特殊 リミテッド有り
以下を1つ行う。
(補助)”慈雨”:あなたはライフを5得る。
(補助)”怒涛”:あなたの攻撃力は+1される。
(補助)”清澄”:あなたの防御力は+1される。
(補助)”渦動”:ターン終了時に、あなたのボルテージは+1される。
 カードの種類としては特殊カード扱いですが,カードNoが51のため,通常の20種の中に含まれるカードだと思います.
 効果としては4つの効果から1つを選べるという汎用性の高いものです.
 ”慈雨”は《慈しむウィスパー》の回復量を増やした効果ですが,回復量は1しか変わらないにもかかわらずコストが倍です.腐りにくい効果ではあるので,このカードを選んだ理由を撃つタイミングを逃した場合でも使うことができるのはいいと思います.
 ”怒涛”はコストが1増えた代わりに代償が無くなった《高揚するカノン》です.このゲームの物理は強力ですが,4コストを払ってまで攻撃力を上げる必要性は低いとは思います.GGの環境が遅めの場合は物理デッキのコントロール対策として有効かもしれません.
 ”清澄”は防御力を上げるというものですが,恐らく1番コスパの良い効果だと思います.このゲームの防御力はコストを支払った分と同じにするというものなので,4コストで無条件に防御力を上げられるというのは強いと感じます.防御力に全振りした次のターンにこのカードを撃つことで,そのターンの防御力に全振りしたことと同じ結果が得られ,余ったコストで動くことができます.
 ”渦動”は1コスト重い《加速するロンド》で「錬成」の無い《開花するスケルツォ》.コストは《開花するスケルツォ》と同じですが,あちらと違い「錬成」を持たないため,どうあがいても3ターン目には撃てません.このゲームのランプカードを4ターン目に撃つのは少し遅いと思っているので,個人的には微妙です.”怒涛”と同じく環境が遅ければ活躍できる効果だとは思います.


GG
No.?? コスト? ??するノクターン 補助 リミテッド有り
召喚(シュート)
攻撃力X/防御力2
あなたのターン開始時に以下を行う。
?????:物理攻撃
攻撃力(?)の値は、あなたの攻撃力(?)に等しい.
金貨金貨
 新しい召喚カードですが,正直よくわかりません.わかることは攻撃力と防御力を持っていること,金貨を2枚持っているという事だけです.防御力があるということは今までの召喚とは違い,攻撃することで倒すことができる可能性があります.流石に自分の防御力が上がるとは思えませんが,このカードのコストによってはそれもあり得るかもしれません.金貨で悪魔を呼び出すという事から,もしかすると召喚コストが金貨なのかもしれません....
 金貨に関しても,使い道もコストに対する取得率も今のところ全くわからないので,ノーコメントで.

No.?? コスト? ??のラピスラズリ  布石 リミテッド有り
レスポンス(物理)(魔法)
その攻撃であなたが最初に受けるダメージが3以下なら、そのダメージを0にする。
 コストの部分は見えていませんが,布石カードと言うことで恐らくコストは1でしょう.
 効果ですが,3以下のダメージを無効にするというもの.《月光のルチル》や《身代わりのトルマリン》の様にターン中でもなければ,ダメージ軽減でも無いので,少し使いづらい印象があります.しかし,今見えているカードプールの《骨響きの鉈》や《クロウリーシラン》などを「追加」ごと無効にすることができる可能性がある点では,非常に便利なカードだと思います.

 
IDEA39
 最後に,1人プレイ用のカードです.私はほとんど2人プレイ用ルールしか遊んでおらず,細かい解説等はできないので省かせていただきます.カードを見た感じ,無印と同じようなルールなのでしょうか?



 いかがだったでしょうか.今回のカードも効果が面白く,新ルールもかなり楽しみです.
 今後も新カードや新ルールが分かり次第,考察をしていきたいと思います.