Domina Gamesさんの公式TwitterでGrim Gardenのカードが紹介されていたので,そちらの考察を少しずつですがしていきたいと思います.

 今回考察するのは1日目~3日目のカードですが,全体的な総評としてはコンボを重視していると感じました.単体で使いやすいカードパワーの高いカードではなく,他のカードと組み合わせて真価を発揮できるようなカードが多いと思います.そのため,GGのカードが全て判明していない以上,今までの無印版やNTのカードと組み合わせることも考慮に入れているのでご注意ください.

brgg43
No.43 コスト2 紋章剣 物理 リミテッド無し
物理攻撃
追加:ターン終了時まで、魔法のコストは-1される。
 攻撃を通すことによりそのターン中永続で魔法のコストを-1できるカード.このカードの後に魔法を撃たないとただのコストの高い《斬撃剣》になるため,魔法を同時に選択するのはほぼ必須.魔法を1枚撃ってやっと《斬撃剣》を撃ったことと同じになるため,コストの低い魔法を2枚以上同時に選択することによってその真価を発揮できる.GGでコストの低い魔法カードは今のところ《クロウリーシラン》しか判明していないため,今後のカード発表に期待.
 無印版やNTと組み合わせて使う場合は,フレアビスカスなどと合わせて5ターンキルが可能となる.1ターン目《燐灯るエチュード》,2ターン目もしくは3ターン目にリミテッドのカードを使用,4ターン目に《マナティックルピナス》で8点,5ターン目に《紋章剣》の攻撃にエチュードを当てて1点+《イグノコスモス》×2で2点+手札が残り1なので《フレアビスカス》6点で計17点を5ターン目までにたたき出すことができる.このように低コスト魔法と合わせることによって《フレアビスカス》の手札0枚効果を使いやすくすることができます.
 余談ですがこのカードのNoが43,前回の記事の《骨響きの鉈》のNoが45なので,No44に2コストか3コストの物理,恐らくNo.41がコスト1物理,No.42がコスト2物理になり物理カードが全体的に低コストになるのではないかと想像しています.無印版の様にNo.46も物理だとその限りではありませんが...

brgg50
No.50 コスト6 パイロガーランド 魔法 リミテッド無し
魔法攻撃(X)
この攻撃のXは、あなたのプレイエリア、セットエリア、捨て札にある魔法のカードの枚数の2倍に等しい。(このカードも含める)
 魔法カードを選択すればするほど火力が上がる魔法デッキの切り札的カード.このカード自体も枚数としてカウントするため,発動時の火力は2~14.しかし,布石や補助も採用することを考えると,このカードを火力として使用する場合はせいぜい8~10点ぐらいであると思われる.捨て札のカードも数えるため,リミテッドの魔法の数もかなり重要になってくる(無印2種,NT2種なのでGGでも2種ほど追加されるか?).ハンデスされる際に魔法を捨てることによっても火力を上げることができるため,《骨響きの鉈》へのメタカードとなり得るでしょう.

GG54
No.54 コスト3 残響するノクターン 物理 リミテッド有り
召喚(シェード)
ATK X / DEF 2
あなたのターン開始時に以下を行う。
自走する槍撃:物理攻撃
攻撃力のXは、あなたの攻撃力に等しい。
コイン コイン
 こちらは前回紹介したカードですね.正式な名前と攻撃名が判明しました.相変わらずコインの使い道は不明です.
 効果は毎ターン自分と同じ攻撃力で物理攻撃を行うというもの.完全に自分のステータスに火力が依存するので,物理デッキに入れて火力を底上げするのが基本となるでしょう.メインとして使う場合は《満ち溢れるキャロル》の攻撃力を上げる効果がかなりマッチしています.
 このカードの防御力ですが,こちらは自分が物理攻撃を受ける際に代わりに攻撃を受けてもらうことができるそうです.このカードの防御力分自分の防御が力が増えるのか,防御力をHPのように扱うのかはわかりませんが,攻撃効果と加えて物理デッキミラーでかなり輝くカードだと思います.


 いかがだったでしょうか.今回は公式Twitterで紹介されているカードの確認と考察を行っていきました.今後もカードが発表されると思うので,どこかのタイミングでまたまとめようと思います.
 最後まで読んで頂きありがとうございました.