久しぶりの更新です.
 GGのカード評価すら書けてないのに次回作のFrost Veil(FV)が発表されてしまいました...(一応途中までは書いているので需要があれば書きます)
 この記事では,今までの様に公式Twitter等で判明したカード効果を基に考察を行って生きたと思います.


 ...が,その前にFVで追加された新能力凍結について考察をしていきたいと思います.
 私の予想では凍結は発動時にすぐ能力が発動するのではなく,そのまま場に残り何らかの条件で能力が発動するのではないかと考えています.
 能力が発動する条件としては色々考えられますが,一番可能性としてありそうなのが“ターン開始時に能力を使用.凍結状態でなければターン終了時に手札に戻る”です.ターン開始時はコインの交換や配下の攻撃と同じタイミングなので割とあるかなと思います.
 他には“メインフェイズに任意のタイミングで発動”,“凍結カードを発動させる新カードがある”等が考えられますが可能性は低いと思います.
 大穴は“《過熱法》を使うと発動”ですね.物理優遇になるのでまずないと思いますが,氷を解かすイメージで言葉遊び的には面白いと思います.
 
 今後,この記事では凍結は“発動後場に残り,ターン開始時に能力を使用”の効果であることを仮定として考えていきます.


FV61
No.61 コスト1 氷刃剣 物理 リミテッド無し
物理攻撃 凍結
 《斬撃剣》に凍結がついたカード.《斬撃剣》より発動タイミングが遅く,毎ターン発動することもできないのでほぼ下位互換.完全下位互換にならないために凍結関係したカードが出る可能性が高いと思います.
 雑に考察すると今までの1コス物理は全部強いのでこいつも多分強いですね. 


FV66
No.66 コスト1 アイシクルドロップ 魔法 リミテッド無し
魔法攻撃(1) 凍結
この攻撃の直後、あなたは1コストを支払って良い。支払った場合、ターン終了時にこのカードを凍結する。
 こちらは《イグノコスモス》互換っぽいカード.今の所の考察だと1コストを払うことで再凍結されまた次ターンに攻撃してくれるといった,配下っぽいカードになるのかなと思います.私の凍結の認識だとリミテッド無しの凍結カードは2ターンに1度しか効果を発動できませんが,このカードは毎ターン効果を発動することができます.
わかりにくいかもしれないので,順番に書くと,
①.1コスト払ってこのカードを凍結状態で発動
②.次のターン開始時に魔法攻撃(1)
③.追加コスト1を払うと再び凍結され,ターン終了時に手札に戻らない
④.②に戻る
といった感じです.これでもわかりにくいかもしれませんがこれが私の限界です...


FV70
No.70 コスト2 ハイドレンジアの魔剣 特殊 リミテッド無し
錬成:3コストを支払う。
以下を1つ行う。錬成している場合、以下の攻撃で与えるダメージは+2される。
あなたのターン開始時に以下を行う。
(物理) フィジック:物理攻撃
(魔法) マジック:魔法攻撃(1)
 物理攻撃も魔法攻撃もこなせる汎用攻撃カード.その代わりコストに対するダメージが低い.3コスト錬成をするとダメージを増やせるが,物理は《陽光導くカンタータ》1回分,魔法は5コスト3点という微妙なダメージになってしまう.カードの種類が特殊であることを活かすことができるカードが無ければあまり積極的に選ばれるカードにはならなさそうです.


FV71
No.71 コスト2 結実するドルチェ 特殊 リミテッド有り
凍結
以下を1つ行う。
(補助) 狂奔の杯:ターン終了時まで、あなたの攻撃力は+1される。
(補助) 覚醒の蜜:このターンの間、あなたはコストを1多く使用できる。
 2コスト先払いすることで次のターンに1ターン限定《過熱法》か《鼓動法》を使うことができるカード.どちらもリーサルを見るのに使用することができ,後者は物理に対する《加護法》や防御としての布石を張ったりすることに使用でき,非常に便利なカードだと思います.特に物理のカードが強いならば優先度が高めのカードになりそうです.


FV74
No.74 コスト2 遠吠えるクレシェンド 補助 リミテッド有り
召喚(ロディ)
ATK 1 / DEF 2
あなたのターン開始時に以下を行う。
(物理) 銀駆けの爪牙:物理攻撃
あなたが後攻なら攻撃力は+1、また錬成しているなら3コストにつき+3される。
錬成:あなたはXコストを支払う。
 先行だと1/2,後攻だと2/2で毎ターン物理攻撃を行ってくれるカード.火力自体は大したことはないが,2コストで防御力が2有るのが非常に偉く,後攻だとかなり圧をかけることができる.錬成をすると5コスト4/2または5/2,8コスト7/2または8/2になり,十分な火力を出してくれる.個人的には魔法軸のデッキに入れて相手に物理面での圧をかけるのに使うのが良いと思います.


FV78
No.78 コスト1 清冽のムーンストーン 布石 リミテッド有り
レスポンス (物理)(魔法)
ターン終了時まで、あなたが受けるダメージはー2される。
 代償が無くなった代わりに軽減量が減った《身代わりのトルマリン》.多分強い.無印の《舞踏剣》やGGの《紋章剣》のようなカードが収録されているなら,かなり需要が高くなりそうです.


FV79
No.79 コスト1 ぬくもりのアンバー 布石 リミテッド有り
レスポンス (物理)(魔法)(補助)
あなたはライフを3得る。
  1コストで3点を回復してくれるすごいカード.多分強い.《慈しむウィスパー》が2コスト4点回復,《満ち溢れるキャロル》が4コスト5点回復なことを考えると破格の回復量を持ちます.枠が余ったら入れとけ枠になりそうですね.



 いかがだったでしょうか.今回はBlade Rondo -Frost Veil-のカードの確認と考察を行っていきました.とはいえ,凍結の効果がまだ不明なので,それ次第で評価が大きく変わると思います.
 最後まで読んでくださってありがとうございました.
 また気が向けば記事を更新していきたいと思っているのでよろしくお願いします.